ホーム > 技術専門書 > 高分子材料難燃化技術の新展開

高分子材料難燃化技術の新展開
脱ハロゲン低発煙化をめざして

»ご購入方法
高分子材料難燃化技術の新展開

Amazonで購入

bk1で購入


著者: 西沢 仁
定価:本体45,000円+税
発行: 1998年10月
B5判上製・312頁 在庫なし

世界における難燃規制のうち、とくに「低有害性に関する規制」に注目。今後のノンハロゲン低発煙性難燃化技術の方向を探るとともに、その特許動向から評価技術までを解説。

著者紹介

西沢仁(にしざわ ひとし)
1956年新潟大学工学部卒,同年昭和電線電纜㈱研究開発部入社。研究室長,製品開発室長を経て,電線,ケーブル部門,ゴム・プラスチック成形品部門の製品部長を歴任。1990年~1994年シンガポール,マレーシアの現地企業とのJVの役員として新会社成立,技術指導に従事。帰国後,材料研究部の参与として,材料開発,製品開発に従事し,現在に至る。現在,日本ゴム協会成型加工委員会の主査,難燃材料研究会の設立メンバーとして活躍中。

主な内容

第1章 世界における難燃規制の中の低有害ガス化、ノンハロゲン化、低発煙化関連規制とエコラベル運用状況
欧米における状況/日本における状況

第2章 難燃化技術と難燃剤の現状
難燃化の基本技術と難燃剤の役割/難燃剤の現状/難燃樹脂と需要量

第3章 ノンハロゲン低発煙化難燃技術の最新動向
水和金属化合物を中心とした難燃化技術/シリコーン系化合物を使用した難燃系/リン系化合物を使用した難燃系/N系化合物を使用した難燃系/エコロジカルな難燃系および無機化合物を使用した難燃系

第4章 各産業分野でのノンハロゲン難燃材料の現状と今後
電線、ケーブル/電気、電子機器、OA機器/船舶

第5章 PVCの低発煙化技術の最新動向
煙の生成と低発煙化機構/PVCの低発煙化技術

第6章 特許にみられるノンハロゲン難燃化技術の動向
1994年~1998年の日本の公開特許の中に提示されている技術を調査し、特許の名称、公開番号、出願日、公開日、内容の要旨、特徴を一覧表で整理

第7章 難燃性評価試験方法の課題と最近の進歩
難燃性評価試験方法の問題点/コーンカロリメーターによる評価試験/有害性ガス、低発煙性評価試験方法

まえがき

科学技術の進歩は社会に大きな変革をもたらし,自動車,電子電気機器,光情報機器,精密機器の進歩とともに,そこに使用される材料は多種類にのぼり,各々が急速な進歩をとげてきている。
その代表的な材料が高分子材料であり,新しい種類の開発,高機能化,高性能化が図られてきている。 高分子材料は,われわれ社会生活の中のあらゆる製品に使われ,生活レベルの向上に貢献しているが,燃えやすいことが大きな問題点となっている。
そのため製品の安全性を確保するために難燃性規格が定められている。それがUL,CSA,BS,DIN,JIS,ASTM等の規格となっている。
一方,最近は世界的な環境問題,安全性の問題が注目される中で,難燃剤から生成する有害ガスが問題となり,ヨーロッパにおけるエコラベル制度が運用され,ノンハロゲン化,低発煙化,低有害ガス化をめざした難燃化技術が研究,実用化されている。
本書では,世界における難燃規制の中の低有害性に関する規制に注目し,今後のノンハロゲン低発煙性難燃化技術の方向を探るとともに,最近の特許動向,評価技術についてまとめた。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 高分子材料難燃化技術の新展開 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 高分子材料難燃化技術の新展開 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

ご購入方法

ビーケイシーの出版物は、お近くの書店でお求めになれます。書店に在庫がない場合、注文すれば取り寄せることができますが、2週間近くかかることがあります。お急ぎの場合、次の方法がありますのでご利用ください。

  1. ネット書店(amazon等)で申し込む。この場合、各ネット書店の手続きに従ってください。
  2. ビーケイシーにこのホームページから直接申し込む。発送に2週間近くかかることがあります。また、この場合、送料・代引き手数料・振込手数料等が別途かかります。

ネット書店で
今すぐご購入 »
Amazonで購入 bk1で購入

この本を買った人はこんな本も買っています

最新光触媒技術と実用化戦略
最新光触媒技術と実用化戦略
最新PEFCの開発技術と応用
最新PEFCの開発技術と応用
Diamond Electrochemistry
Diamond Electrochemistry
Tio2 PHOTOCATALYSIS
Tio2 PHOTOCATALYSIS

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://bkc.co.jp/1998/10/351.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
高分子材料難燃化技術の新展開 - 株式会社BKC より

ホーム > 技術専門書 > 高分子材料難燃化技術の新展開

ページの上部に戻る