ホーム > ビジネス書 | 書籍のご案内 | 金融・ライフプラン > 消費者信用ビジネスの研究

消費者信用ビジネスの研究
第一線実務家・研究者が消費者信用を体系的・理論的に究明

»ご購入方法
消費者信用ビジネスの研究

片岡 義広・山本 真司 監修 BKC編
定価: 本体2,800円+税
発行: 2001年11月
A5判上製・304頁 在庫なし

消費者金融業界における企業価値向上のための新戦略を、様々な角度から第一線実務家・研究者が取り組んだ労作。2002年「消費者金融サービス研究学会賞」受賞作。

片岡氏のホームページ
山本氏のホームページ

著者紹介

●執筆者一覧(所属・肩書きは執筆当時)
野村證券金融研究所企業調査部金融グループ 研究員 黒江 和一
早稲田大学商学部 教授 坂野 友昭
S&P金融サービス部金融機関 格付ディレクター 大槻 奈那
鳥取環境大学環境情報学部環境政策学科 助教授 田中 幸弘
オリエントコーポレーション法務部 部長 吉元 利行
片岡総合法律事務所 弁護士 片岡 義広
東京共同会計事務所 公認会計士 内山 隆太郎
アコム経済研究所 主席研究員 川崎 章弘
A.T.カーニー北アジア金融グループリーダー バイスプレジデント 山本 真司

主な内容

第1章 消費者金融業界の現状と今後の見通し
第1節 消費者金融市場の位置付け
第2節 消費者金融市場拡大の要��
第3節 消費者金融業界の現状と今後の見通し

第2章 米国の消費者金融サービス市場
第1節 米国の消費者信用残高の推移と個人破産
第2節 米国の主要な消費者金融サービス商品
第3節 米国の消費者金融サービス業界における最近の動向
第4節 米国の消費者金融サービス市場の周辺領域

第3章 格付機関からみた消費者金融業界
第1節 産業リスクの分析—2000年度の業界動向
第2節 業界大手各社の直近の格付動向
第3節 大手4社の格付け

第4章 貸金業者をめぐる法的枠組みの激変と経営への影響
——貸金業の法的インフラ整備の必要性
第1節 外部環境としての法的インフラの激変
第2節 経営リスクの管理の観点の必要性
第3節 法的リスクへの対応と組織的対応の課題

第5章 個人情報保護法とクレジット産業界の自主ルール
第1節 個人情報保護の歴史と現状
第2節 個人情報保護法の制定の動きと内容
第3節 クレジット業界の自主ルール
第4節 自主ルールの実施と個人情報保護法
第5節 個人信用情報をめぐる今後の課題

第6章 消費者信用とサービサー
———その機能と法制度の現状と課題
第1節 消費者信用業務とサービサー業務の分解
第2節 サービサー法の制定の背景
第3節 サービサー法の概要
第4節 今後に残された法的課題

第7章 貸付債権の証券化
第1節 貸付債権の証券化とは
第2節 消費者金融会社にとっての意味合い
第3節 ストラクチャー
第4節 その他の資産流動化

第8章 貸金債権の証券化をめぐる法的問題と今後の貸金業関係の法改正の可能性について
———貸金業規制法第24条2項と第43条の考え方
第1節 貸金債権の証券化をめぐる最近の法的問題
第2節 今後の貸金業関係法改正の可能性

第9章 新BIS規制とリテール金融分野の信用リスク分析
第1節 新BIS規制とリテール金融
第2節 内部格付手法によるPD(デフォルト確率)およびリスク・ウェイトの推計
第3節 データマイニング・ツールによるデフォルト確率,リスク・ウェイトと必要自己資本の計算
第4節 Cox比例ハザードモデル,遺伝的アルゴリズムによるデフォルト確率計算

第10章 リテール金融戦略と消費者信用業
第1節 企業戦略論で評価した消費者信用業
第2節 第一の論点 事業戦略:商品軸から顧客軸へ
第3節 第二の論点 事業領域:単一業界からリテール(金融)業界へ
第4節 事業形態:単一事業体から複合事業体(コングロマリット)へ
第5節 リテール金融戦略と消費者信用業

まえがき

なぜ,いま”消費者信用ビジネス″なのだろうか?
その理由は3つあると考える.
① 金融界は,いま大激変の中にある.その中で,一様に注目を集めるのがリテール金融業.その中でも,運用としての個人リテール顧客に対する融資である.
② 消費者信用業界の業としての成熟.高度なリスク管理能力,店舗,無人店舗,インターネットを通じた,多様なチャネル戦略の展開,サービサー業務への進出,そして資金調達手法の拡大.単一事業・単一商品を機軸とした成長一本槍の戦略から,企業価値向上の戦略オプションが拡大している.新戦略による勝ち残り競争が始まったところである.
③ 新しい競合の登場.既存の銀行はこぞって,次の収益源を消費者信用業の従来顧客セグメントに向けている.実際,ブランド力,顧客リレーション,商品などで,選択肢の広い競合金融機関の攻勢は静かに始まっている.また,信販,クレジットカード,リースなど業態間のすみわけの垣根は低くなり,あらゆる競争を呼び込む契機となる.
一言で申し上げれば,消費者信用市場,事業,顧客の大変革が始まっていることが,いま,”消費者信用ビジネス″に我々が目を向けている理由である.消費者金融ビジネスの高度化が,わが国の金融業にとって重要な条件となるとの思いを抱く研究者,弁護士,格付機関,証券アナリスト,リスク管理専門家,経営コンサルタントといった第一線の実務者が,わが国で始めて世に問う本格的理論書が本書である.

そもそも,本書の執筆の源流は,今回,企画,編集,出版に携わっていただいた,BKCの北村善三氏をはじめとするスタッフの方々が企画,実行されていた”消費者信用業界のためのオープンカレッジ”にある.本オープンカレッジは,1998年4月から,17回開催され,テーマも,ディレギュレーション,金融ビッグバン,資金調達手法,ノンバンク社債法,リスクマネジメント,株主価値向上,格付け,サービサー、システム戦略,データベースマーケティング,ALM,FP,銀行からの挑戦戦略などの消費者信用ビジネスの戦略全般にわたるものである.第一線の実務家による講演会シリーズを行うという企画で,消費者信用ビジネス業界の関係者,なかんずく企画スタッフの好評を博したプログラムであった.本書の関係者はいずれも,このオープンカレッジに企画立案者,講師,モーダレーターとして深くかかわった面々である.

わが国初の本格的,消費者信用ビジネスの体系的理論書を世に問いたいという発想の原点は,このオープンカレッジの成功にあり,執筆者も肌で感じた,出席されておられた方々の,変革に向けた真摯な,熱いまなざしにあったことは疑いない.その意を受けて,消費者信用ビジネス業界そしてリテール金融業界の大変革の起爆剤の一つにしたいという執筆者の思いが結実したのが本書である.
本書で扱うテーマは多岐にわたる.企業戦略・組織戦略といった戦略マネジメント,個人情報保護,貸し金業法等のリーガルマネジメント,そして調達,格付け,株主価値といった財務マネジメントという4つの普遍的マネジメントについての研究成果が集約されたのが,本書である.
とかく銀行などの既存業界を中心とした切り口の既存の研究書とは異なる,消費者信用ビジネスという切り口から,広くリテール金融業全体を鳥瞰できる書に仕上がったとの自負を持っている.その意味で,本書は,消費者信用ビジネスの実務担当者・研究者の必読書となるのみでなく,広く,リテール金融業に携わる方々の新しいビジネス発想の刺激剤としてお読みいただけると幸いである.従来の業態の枠や,既成概念の垣根を乗り越えたところに,新しいビジネスの発展の種があり,かつ,境目の無い本格競争が,市場・事業の効率化すなわち,消費者の効用の増大につながるという思いからである.

なお本書は,それぞれの論文の脱稿に多少のズレがあるが,ほぼ2001年9月時点の情報に基づいているものである.消費者信用の世界に関わらず,日々ドラスティックに変化がおきており,お読みいただく時点で,多少の陳腐化が生じていることはご容赦いただきたい.しかし,その意図する本質にはいささかのブレがないものと信ずる.
本書を,新しい切り口の本格的理論書として世に問う次第である.読者の方々の多様なフィードバックがいただければ幸いである.
最後に,オープンカレッジの企画実行から,本書の企画,編集,出版まで,熱き使命感で我々を引っ張ってこられた,BKCの北村善三氏およびスタッフの方々に,感謝申し上げておきたい.足掛け3年にわたる北村氏の努力なしには,本書は生まれなかったことだけは断言できる.

著者を代表して———
A.T.カーニー株式会社
北アジア金融グループリーダー
バイスプレジデント
山本 真司

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 消費者信用ビジネスの研究 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 消費者信用ビジネスの研究 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

ご購入方法

ビーケイシーの出版物は、お近くの書店でお求めになれます。書店に在庫がない場合、注文すれば取り寄せることができますが、2週間近くかかることがあります。お急ぎの場合、次の方法がありますのでご利用ください。

  1. ネット書店(amazon等)で申し込む。この場合、各ネット書店の手続きに従ってください。
  2. ビーケイシーにこのホームページから直接申し込む。発送に2週間近くかかることがあります。また、この場合、送料・代引き手数料・振込手数料等が別途かかります。

ネット書店で
今すぐご購入 »

この本を買った人はこんな本も買っています

+01_労働組合-FIX-0209のコピー
これからの「労働組合」の話をしよう
最新光触媒技術と実用化戦略
最新光触媒技術と実用化戦略
ビジネス・バカを極めろ
ビジネス・バカを極めろ
希望の経営学
希望の経営学

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://bkc.co.jp/2001/11/293.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
消費者信用ビジネスの研究 - 株式会社BKC より

ホーム > ビジネス書 | 書籍のご案内 | 金融・ライフプラン > 消費者信用ビジネスの研究

ページの上部に戻る