ホーム > 書籍のご案内 | 金融・ライフプラン > 年金、もっと知りたいな。

年金、もっと知りたいな。
女性(あなた)に贈る みわ子さんの年金絵本

»ご購入方法
年金、もっと知りたいな。

著者: 菅野 美和子
定価: 本体1,400円+税
発行: 2004年9月
A5判変形・160頁・オール2色刷り 在庫なし

知らないことによる結果責任は、知らない人が取るというのが、いまの日本の年金制度。
「少しでも多くの人が年金について知り、生活のベースである年金にきちんと関心を持ってほしい」という著者の想いから本書は生まれた。本のベースになったメルマガは2004年All Aboutメルマガ大賞受賞。

●「All About Japanスーパーおすすめ大賞2004」審査員コメントより抜粋
だれにもわかる言葉で、たとえ話を上手に用いて、年金の気になるところをしっかり押えている。
いままで見たどんな雑誌より、どんなTV番組より、なぜかわかりやすく、興味深い。文字ヂカラを感じたメルマガである。
All About Japan編集長 森川さゆり

菅野美和子氏のホームページ

2005年4月改正情報

著者紹介

菅野 美和子(すがの みわこ)
社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー CFP(R)
「働く母親」をしながら、1992年社会保険労務士試験に合格。
翌年、福岡県社会保険労務士会に登録。
その後、勤務と並行しながら、金融機関の年金相談員、各団体の年金セミナー講師を務める。
1998年AFP試験、2年後CFP(R)試験に合格。
2001年より、Web Page「女性のための年金相談室」を開設し、情報提供と個別相談を始めた。
2002年退職し、独立・起業。
セミナー講師や執筆を中心に活動中。
京都市出身。京都教育大学卒業。

主な内容

第1章 年金制度はこんなしくみ
第1話 年金制度は2階建て あなたはどんな家に住んでいますか?
第2話 出生の秘密!! 年金制度はどのようにして生まれたの?
第3話 複雑怪奇な忍者屋敷 なぜ、年金はむずかしい?
第4話 名前の違いは大きな違い!! フルネームを知っていますか?
★ちょっとコラム 国会議員が入る「議員年金」って、なんですか?

第2章 年金制度の男と女
第5話 保険料はこんなに違う サラリーマンの妻は、年金でお得?
第6話 年金制度の男性観 年金制度は男性に冷たい!
第7話 女性の専用ルーム 男と女はここで違う
第8話 配偶者の加給年金 年金にも家族手当がある

第3章 離婚と年金
第9話 離婚を考えるとき 離婚したい! 年金はどうなるの?
第10話 離婚するとき 年金はどんなふうにして分けるの?
★ちょっとコラム 「寡婦年金」って、なに?
第11話 離婚後の暮らしと年金  私はシングルマザー、遺族年金もらえますか?
★ちょっとコラム 結婚しても名前は変えない! 夫婦別姓と年金

第4章 保険料を払う
第12話 保険料を払う意味 魔法のさいふと普通のさいふ
第13話 厚生年金保険料のしくみ 厚生年金の保険料はどのように計算するの?
第14話 保険料納付と障害年金 手続きしないで無年金障害者に
第15話 保険料納付と遺族年金 たったの3日が大きな差に
★ちょっとコラム 若いあなたへ 保険料特例納付がはじまります

第5章 誰にでもやってくる老後
第16話 老後の年金をもらうための条件 あなたは年金をもらえますか?
第17話 老後の年金額 年金はいくらもらえるの?
★ちょっとコラム 自分の加入期間を調べてみましょう
第18話 保険料と将来の年金額 ガマンは、いまだけのガマン?
第19話 再評価率をさぐる 年金が下がるからくりは?
第20話 これから結婚するあなたへ 住宅手当と年金、どんな関係?
第21話 ボーナスと年金額 ボーナスも年金額に仲間入り
第22話 年金のスタートライン 年金は、いったいいつからもらえるの?
第23話 老齢基礎年金の繰上げ 老齢基礎年金、早くもらってお得?
第24話 年金の給付水準 モデル年金のモデルって?
★ちょっとコラム 「国民年金学生納付特例期間」って、なに?

第6章 年金を増やすために
第25話 厚生年金基金の秘密 3階と言えるか、屋根裏部屋か?
★ちょっとコラム 遺族厚生年金 若い妻は、いままでよりも不利に!
第26話 付加年金と国民年金基金 自分で2階を建て増しする!
第27話 国民年金への任意加入 少しでも多くの年金をもらいたい
★ちょっとコラム 育児休業中は厚生年金の保険料が免除されます

第7章これからの年
第28話 上がらない年金額 「マクロ経済スライド」で、なにが変わる?
第29話 給付水準は下がる 若い世代はどうなるの?
★ちょっとコラム 年金は、黙っていてはもらえません
第30話 パートタイマーの厚生年金加入 パートで働くあなたのために
第31話 厚生年金と共済年金 私たち、いっしょに暮らせますか?

あとがき

考えておきたい、未来のサイフ
国民年金の保険料を滞納していた国会議員は、その理由として「制度が複雑すぎて、よくわからなかった」と言っています。
でも、そのような制度を、だれが作ってきたのでしょうね。しかも、2004年度の年金改革ではもっと複雑になってしまいました。
そして、いろいろな問題は残ったままです。

やっぱり保険料は高いよ!
この年金で暮らしていけないよ!
年金制度は、男に冷たいよ!
第3号被保険者のしくみは、いったいどうなるの!
職業によって年金に差があるのはおかしいよ!
議員年金は不公平!
財源がないというけれど、無駄づかいもあるよ!
「女性と年金」は2004年度の年金改革の中心でしたが、不公平ではないかという声もある第3号被保険者の問題は、結局そのままです。パートタイマーの厚生年金加入で、第3号被保険者数を減らすという案も先送りとなりました。しかし、数を減らしても問題は解決しませんね。
年金問題の基本は、退職後や、ケガや病気などで働けなくなったとき、大黒柱の死亡で困ったときに、きちんと手助けしてくれる公平な制度であるかどうかということです。 年金をもらうためには、当然自分たちも保険料という形でお金を出しますが、そのお金の出し方が納得いくものであるかということです。

年金問題は、高齢者の問題ではありません。一番影響を受けるのは若い世代。このままいくと、若い世代は、現在年金をもらっている人たちよりも、もっと少ない年金額になってしまいます。 あなたのサイフをみてください。今日はどのくらいのお金が必要ですか。そしてサイフにはその分のお金が入っていますか。今日はこれで足りるかどうか、あなたは、ちゃんと考えますよね。
年金の問題は、未来に必要なお金と、未来のサイフの中身を考えてみようということなのです。しかも、安心して、私らしく、暮らしていけるように。
ガマンばかりしてはいられません。最後まで、私らしく、生きたいですものね。
これからの年金制度、作っていくのは私たちです。
この本は、2003年3月から配信をはじめたメールマガジン「知っておきたい年金のはなし」をまとめたものです。複雑な年金のしくみをわかりやすく伝えたい、そして、しくみの解説だけではなく、年金を通じて、今の社会を考えてほしいという思いで配信を続けてきました。
ちょうど1年過ぎたころ、オールアバウトジャパンの「スーパーおすすめサイト2004」で、メールマガジン部門大賞をいただきました。

出版のきっかけとなったのは、メルマガ読者のおひとりである(株)BKCの北村善三さんのご提案です。発刊に至るまで、大変お世話になりました。また、多くのメルマガ読者のみなさまに励ましのお言葉をいただいて、書き続けてこられたのだと思っています。
最後になりましたが、たくさんのお力を貸していただいたみなさまにお礼申し上げます。
そして、ひとりでも多くの方にこの本を手に取っていただけたらと、願っています。

2004年7月   菅野美和子

読者カード紹介

53歳・女性
今までいくつか年金についての本を読みましたが、その中でも一押し、おすすめです。

62歳・男性
年金を一般の人にもわかるように説明しているので、年金をテーマに講演や相談をしている人は、このような説明を参考にして行うべきです。

55歳・女性
同業者(社会保険労務士)から見ても、こんなに判りやすく年金を説明できたのかと、驚きを持って読破した。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 年金、もっと知りたいな。 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 年金、もっと知りたいな。 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

ご購入方法

ビーケイシーの出版物は、お近くの書店でお求めになれます。書店に在庫がない場合、注文すれば取り寄せることができますが、2週間近くかかることがあります。お急ぎの場合、次の方法がありますのでご利用ください。

  1. ネット書店(amazon等)で申し込む。この場合、各ネット書店の手続きに従ってください。
  2. ビーケイシーにこのホームページから直接申し込む。発送に2週間近くかかることがあります。また、この場合、送料・代引き手数料・振込手数料等が別途かかります。

ネット書店で
今すぐご購入 »

この本を買った人はこんな本も買っています

FPの選び方
今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方
貸金業の真実
貸金業の真実
消費者信用ビジネスの研究
消費者信用ビジネスの研究
ビジネス・バカを極めろ
ビジネス・バカを極めろ

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://bkc.co.jp/2004/09/270.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
年金、もっと知りたいな。 - 株式会社BKC より

ホーム > 書籍のご案内 | 金融・ライフプラン > 年金、もっと知りたいな。

ページの上部に戻る